ボジョレー、ボージョレ、どっち?2019年の解禁日と最近話題のボジョパについて! 

ボジョレー・ヌーボーとは

フランスのブルゴーニュ地方南部のボジョレー(Beaujolais)地方で生産される新酒です。
フランス語で新しいという形容詞はNouveauで、ボジョレー地区でその年に収穫したぶどうから造られた新酒をBeaujolais Nouveauと呼びます。
また、ボージョレー・ヴィラージュはボジョレー北部の39の村で造られたワインしか名乗ることができなく、また、より範囲の限定された村名が入る特別なボジョレーはクリュ・ボージョレと呼ばれています。

ボジョレー?ボージョレ?どっちなの??

日本でのBeaujolais Nouveauの記載にはボージョレ・ヌーヴォー、ボジョレー・ヌーボー等いろいろありますよね。どう呼べば良いのか迷うところです。
そこで各企業さんの呼び方を調べてみました。
サントリーさん ボジョレー ヌーヴォー
イオンさん ボージョレ・ヌーヴォー
アサヒさん ボージョレ・ヌーヴォ
SAPPOROさん ボージョレ・ヌーボー
ENOTECAさん ボジョレー・ヌーヴォー
ちなみに新聞各社はボージョレ・ヌーボーでした。
調べてみると本当にいろいろな呼び方がありますね。
フランス語の発音に近いのはボジョレなのですが、英語読みをするとボージョレになったり、外来語の表記ゆれでばらつきが見られるようです。結果、ボージョレ、ボジョレーもどちらでも使われており、両方存在しています。

「ボジョパ」のブームがじわじわきてます!

「ボジョパ」とは、「ボジョレー ヌーヴォー パーティー」の略で、解禁日に家族や友人とボジョレーを楽しむパーティーをしよう、とここ数年SNSで話題となっています。昨年はユニバーサルスタジオジャパンさんでもボジョパのイベントがあったみたいです。行ってみたいですね!
ボジョレーを扱う店舗でもボジョパに合わせたおつまみ・オードブルとして、チーズやサラミ、ドライフルーツやエビやキノコのアヒージョ等パーティー向けメニューも一緒に提案し、この新しいイベントを盛り上げていきましょう。

2019年の解禁日は11月21日の木曜日!

もう早い店舗ではボジョレーの予約の受付が始まってますね!装飾品に関しても早めのご準備をオススメします。

エアーPOP 「ワインボトル」

レシピ4種セット「ワインにぴったり」

テーマポスター ボージョレ・ヌーヴォー

お読みいただきありがとうございました。こちらも是非ご覧ください。
その他のボージョレ・ヌーボー商品はこちらから
ボージョレ・ヌーヴォー販促品特集

トップへ戻る