【バレンタイン】バレンタインデーの由来は?チョコレートを贈るようになったのは?

毎年、2月14日は、バレンタインデー(St.Valemtine’sDay)。
バレンタインの由来(語源)は?バレンタインにチョコレートを贈るようになったのは?
また、バレンタインの飾り付け(デコレーション)について、お伝えします。

バレンタインチョコ写真

バレンタインの由来

「バレンタイン」は、キリスト教司祭の「ウァレンティヌス」が由来になっています。

ローマ帝国時代の皇帝が、戦争に行くことを拒否する若者が、愛する人と離ればなれになることを理由にしているとし、結婚を禁止してしまいました。
そんな中、キリスト教司祭の「ウァレンティヌス」は、結婚を禁止する命令に従わず、兵士たちのために、結婚式を行なっていたため、処刑されました。
以降、処刑日だった、2月14日を、聖バレンタインの日(Saint Valentine’s Day)として、お祈りをするようになりました。
その「ウァレンティヌス」の名前が「バレンタイン」の由来になっています。
元々は、恋人たちの日ではありませんでしたが、時を経て現在の、恋人達の日=バレンタインデーのようになりました。

バレンタインプレゼント男女イメージ

バレンタインにチョコレートを贈るのは何故?

好きな男の子に、女の子からチョコレートを贈り、愛の告白をするのは、日本独自の習慣です。
海外のバレンタインデーは、恋人や友達、家族など、大切な人へプレゼントや、カード、花束を贈り、想いを伝えるといったことをするのが一般的のようです。
日本では、製菓業や小売業で、バレンタインの風習に関連して、販促活動を行なった影響で、現在のバレンタインの習慣が定着していったようで、女の子から男の子にチョコを贈るようになったのも昭和40年代頃からです。

日本で、チョコレートを贈るようになった起源には、洋菓子のモロゾフが広告を出したのが始まりという説や、メリーチョコが百貨店でバレンタインセールを行ったのがのが始まりという説、森永製菓が新聞に広告を出したのが始まりという説など、諸説あります。

現在では、女性から男性へ、愛の告白をするという「本命チョコ」の文化から、「義理チョコ」「友チョコ」「ご褒美チョコ」など、様々なかたちでチョコレートが販売されています。
3月14日に、男性から女性に、キャンディやクッキー、マシュマロなどで、バレンタインデーのお返しをする「ホワイトデー」の風習も、日本独自のものです。

バレンタインチョコレート陳列イメージ

バレンタインの飾り付け

バレンタインデーには、ハートをモチーフにした飾り付けや、赤いリボンでプレゼントをイメージさせる装飾品が店内を彩ります。エアーPOPや、天井から吊るすプリーツハンガー、タペストリーなどをご紹介します。

\「バレンタイン装飾品」特集はコチラ!/POPGALLERYオンラインショップの「バレンタイン装飾品」特集を見る

バレンタインデーの販促活動にご活用頂ければ幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

トップへ戻る